2017
05/23

COMMENTS:
No Comments »

将来を見通して仕事の取捨選択を

IT技術職の特色の一つは仕事面において個人のスキルや知識が重要視されるところで、それゆえメリットの一つは独立しやすいというところです。フリーランスや個人事業主として活躍している人は多いものの、IT業界全体で見てみると人手不足ということもあり、ある程度の能力を有していれば生活するだけなら問題はないでしょう。
ただフリーランスという働き方は保証がなく、将来性を考えて行動しなければいけません。フリーエンジニアの場合、現場に出向しての仕事も多くなりますが、ここで重要となるのが質や作業内容、スキルアップに繋がるか、さらに単価といったものです。会社員の場合は仕事の質や量に関わらず給料は一定ですが、フリーエンジニアとして働くことになるとそれは異なってきて、自分の働いた分だけ収入に繋がっていきます。さらに企業との関係性や自らのスキルアップなど、ただ報酬を得るためだけではなく将来に向けて考えていかなければいけません。
今はフリーエンジニアの需要が高くとも、将来的にはどうなるか分かりません。しかし、現状で仕事を通じて信頼性を築いたり、繋がりを深めたりしておけば将来的にも安定性が得ることができるはずです。そして、働くということは報酬面も重要となり、仕事にかかる時間や内容を単価として捉えて、複数の仕事がある場合はどれが一番いいか取捨選択するのもいいですね。可能ならスキルアップを見込むことができて将来的に繋がる仕事を選び、さらにその仕事の単価が高ければ最高だといえるでしょう。自分なりの方向性を考えて、しっかりと仕事を選ぶ必要が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です